アドミッションポリシー

多くの課題を抱える現代社会においては、高度の課題解決能力が求められる。本学は建学の精神として黽勉努力(自らの心に従って、自発的に勉め励む)、和衷協同(和やかに心を込めて力を合わせ、共に行動し、ことにあたる)、至誠一貫(誠をもって人に接し、物事に対処して、一筋に真心を貫き通す)を掲げ、校訓三綱領としている。本学は、この校訓三綱領を理解し、基礎学力を有し、勉学意欲が旺盛で、食や心を通して人間の健康と幸福に関心を持つ人を受け入れる。
本学の各学部・学科の「教育方針および受け入れの基本方針」および「求める学生像」は次のとおりです。

学部 学科 教育方針および受け入れの基本方針 求める学生像
栄養学部 栄養学科 医学、食品学の基礎の上に栄養学の専門理論と技術を修得・実践することで、管理栄養士、食のマネジメントのプロフェッショナルを育成する。 十分な意欲と基礎学力を持ち、栄養学関連の自然科学に興味を示し、人々の栄養改善・健康増進に貢献したいという明確な目標と熱意を持つ人物を求める。
食創造学科 自ら勉め励む自主創造の精神と多様な食の領域に挑戦する好奇心を有し、栄養学をベースとした食に関する専門的かつ実践的な知識・技能の活用を通じて、人や社会の幸福の向上に寄与し、予測困難な時代において、食に関する課題解決ができる実践的人材を養成する。
  • 食の多様な領域に関心を持ち、挑戦する意欲と好奇心を有している。
  • 食に関する幅広く、専門的な知識と技術を身に付けるため、高等学校卒業程度の基礎学力を有している。
  • 食に対して、ユニークな発想を尊び、創造的に学ぶ意欲を有している。
  • 自らの考えを的確に表現し、同時に、人々と良好な関係を築き、他者の考えを受け入れる力を有している。
  • 大学での学びを、地域や社会に生かそうという志を有している。
心理学部 現代応用
心理学科
自分を含めた人間に強い関心を持ち、探求心をもって人の心と行動、人と社会の相互作用を深く理解すること、さらに人の心と行動の多様性や社会のありようを予測的に考えることを通じて、心理学の専門知識を生かしながら、人々の健康や幸福に貢献できる人材を育てる。 基礎学力、思考力、高い協調性を有し、人の心の動きやそれが引き起こす諸課題を理解したいという意欲をもって、調査や対人支援など社会の様々な要求に対して心理学を応用し、人々の幸福のために貢献したいと願う人物、また公認心理師、臨床心理士をめざす人物を受け入れる。

入試区分

過去の入試問題

栄養学部PDF

2022年度入試(2021年度実施)

▶︎学校推薦型入試 Ⅰ

▶︎学校推薦型入試 Ⅱ

▶︎学校推薦型入試 Ⅲ

▶︎一般入試 前期A

▶︎一般入試 前期B

▶︎一般入試 後期

2021年度入試(2020年度実施)

▶︎公募制推薦入試 Ⅰ

▶︎公募制推薦入試 Ⅱ

▶︎一般入試 前期A

▶︎一般入試 前期B

▶︎一般入試 中期

▶︎一般入試 後期

心理学部

上記に記載されていない科目および入試区分の問題につきましては、入試センター事務室(0797-87-2493)まで問い合わせください。