夢を叶えた卒業生

message01

茨木医誠会病院管理栄養士

患者さまの気持ちに寄り添う
管理栄養士になろうと思う。

message01
坂井 駿太さん 栄養学部 栄養学科 2019年度卒

坂井 駿太さん
栄養学部 栄養学科 2019年度卒
姫路市立琴丘高等学校出身

坂井 駿太さん 栄養学部 栄養学科 2019年度卒

この職業に関心を抱いたのは高校生の頃です。父が病気で入院したとき、食事や栄養の指導をしてくださったのが管理栄養士という専門職の方でした。父も私たち家族もとても頼りにしていて、もしかすると患者に一番近い存在なのかもしれないなと感じました。そして、私も管理栄養士として病院で働きたいと思うようになったのです。目標がはっきりしていたので、日本で3番目に栄養学部を設置し、医療界に多くの管理栄養士を輩出している甲子園大学を迷わず選びました。資格の取得が最終目標ではなく、質の高いプロになるための高水準な学びにも魅力を感じました。今、大学で学んだことのすべてが生きていると感じる毎日です。茨木医誠会病院は、一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟等を有するケアミックス型病院です。ここで私は栄養管理業務や給食業務を担っています。この病院は給食業務を直営で行っているため、入院中の食事から退院時の栄養指導まで、患者さまと直接コミュニケーションを取ることができます。入院中の大きな楽しみである食事を提供し、患者さまに「おいしかった」と言っていただけることほど嬉しいものはありません。入職1年目、まだまだこれからですが、患者さまの気持ちに寄り添う管理栄養士になれるよう頑張ります。

message02

プレミアムキッチン株式会社
総合職

新しいおいしさを作って、
たくさんの人に届けるために。

小村 華穂さん 栄養学部 フードデザイン学科 2019年度卒
message02

小村 華穂さん
栄養学部 フードデザイン学科 2019年度卒
伊丹市立伊丹高等学校出身

プレミアムキッチンは、コンビニエンスストア向けのお弁当やおにぎり、惣菜、サンドイッチ、サラダ、スイーツ、冷凍食品といったバラエティー豊かな商品を開発・製造している、ニッポンハムグループの会社です。私は今、食品工場で調理係として、食材を準備したり切ったりする前工程を担当しています。子どもの頃から食べることが大好きで、将来は食に携わる仕事に就こうと決めていました。中でも、私たちの生活に身近で、多彩で、変化に富んだコンビニのフードに魅力とやりがいを感じて、この会社を志望しました。みんなで力を合わせて作った商品がお店の棚に並んでいるのを見ると、お客さまにおすすめしたくなります。
甲子園大学では、食に関するあらゆることを学び、各種の資格を取得することができました。私の職場に欠かせないHACCP(食品衛生管理の手法)には大学で教わった知識が役立っていますし、食材をカットする際には調理実習で身に付けた技術が、連携を必要とする作業では臨地実習の経験が生きています。先生と学生との距離が近い環境は、勉強する上で大きな利点でした。この会社でさまざまな部署の業務を経験し、ゆくゆくはフードのスペシャリストとして商品開発の仕事をしたいと思っています。新しいおいしさを作って、たくさんの人に届けたいですね。

message03

近鉄不動産株式会社総合職

心のふれあいを大切に、
豊かな人間関係を築いていきたい。

message03
後藤 彰太さん 心理学部 現代応用心理学科 2019年度卒

後藤 彰太さん
心理学部 現代応用心理学科 2019年度卒
兵庫県立姫路工業高等学校出身

後藤 彰太さん 心理学部 現代応用心理学科 2019年度卒

大工をしている兄の影響で昔から家に興味があり、そして人と話すことが好きだったので、不動産業界の営業職を志しました。当社は近鉄グループの不動産事業における中核会社で、私が所属している部署ではマンション、一戸建て、土地等の仲介を行っています。たとえば、新居をお探しの若いご夫婦や土地を売りたいご高齢の地主さまなど、幅広い年齢層のお客さまと接します。単に物を売り買いするのではなく、お客さまの生活や人生に関わります。不動産営業と心理学は一見、結びつきがないように思えるかもしれませんが、実は人間関係がとても重要で、現代応用心理学に直結するような職種だと私は感じています。人が好きで、人の心にも興味があり、心理学を学べる大学を探していたところ、人間性を重視した教育をモットーとする甲子園大学に出会いました。幅広い学習領域、実践的なカリキュラム、疑問に思ったことはすぐに質問できる少人数制にひかれて入学を決めました。
入社して半年になります。これからは1日の予定を自分で立てて、一人で行動します。不動産の仲介は大きな取引なので、今はまだ緊張感でいっぱいですが、大学で学んだことを生かして、3年後には一人前の営業マンになること。心のふれあいを大切に、誰からも信頼される人間に成長することが目標です。

内定者インタビュー

voice

きめ細かな指導のおかげで
オンライン面接でも対応できました。

就職活動はコロナ禍のもと、オンライン面接が増え、面接予定日が変わるなど大変でした。準備不足になったこともありましたが、キャリアサポートセンターの先生方に細かく指導していただけたおかげで、オンラインでも落ち着いて臨めました。やりたい仕事ができる会社なのか、企業研究をしっかりして面接で具体的な目標を話せたことも内定につながったと思います。いつか公認スポーツ栄養士になるため、仕事のなかでも多くの知識を身につけ、スキルアップに努めていきます。

栄養学部 栄養学科 近藤 ちひろさん

グリーンハウス

栄養学部 栄養学科
近藤 ちひろ さん
兵庫県立三木高等学校出身

栄養学部 栄養学科 安藤 弘樹さん

宝塚第一病院

栄養学部 栄養学科
安藤 弘樹 さん
伊丹市立伊丹高等学校出身

voice

一緒に何度も模擬面接、
納得できるまで練習できたことが自信に。

管理栄養士として病院を志望していましたが、病院は求人が限られているため、ウェブで求人情報をまめにチェックするなど、自分から行動を起こしました。不安が大きかった面接は、キャリアサポートセンターの方とともに納得できるまで何度も練習を繰り返し、指導のおかげで少しずつ自信をつけることができました。入院中の患者様に「おいしい」と食事を楽しみにしてもらえるように頑張りたいと思います。患者様の目線で指導ができ、頼られる管理栄養士を目ざします。

voice

履歴書から面接まで丁寧な指導で、
コミュニケーション力が高まりました。

将来は農業をベースに起業したいという夢を抱いて、就職活動を始めましたが、もともとコミュニケーション力に自信がなかったため、面接での会話が悩みでした。そうしたなか、キャリアサポートセンターの先生方に履歴書の添削から面接対策まで、細かく丁寧に指導していただけたことがとても役立ちました。また、高校時代から心がけてきた「謙虚な姿勢と態度」も評価されたと思います。ゆくゆくはおいしい食材を育成し、広く届けていきたいです。

栄養学部 フードデザイン学科 河合 翔馬さん

アーバンファームAsaoka

栄養学部 フードデザイン学科
河合 翔馬 さん
PL学園高等学校出身

心理学部 現代応用心理学科 唯見 航希さん

ヨドバシカメラ

心理学部 現代応用心理学科
唯見 航希 さん
大阪府立園芸高等学校出身

voice

気持ちをくみ取っていただいての
アドバイスで就職先が決まりました。

アルバイトを通して接客の楽しさを知り、接客業を志望していましたが、どのような企業がよいのか漠然としていました。企業説明会などに積極的に参加し、多様な可能性を模索しつつキャリアサポートセンターの方に相談すると、私の希望に合いそうな企業をピックアップしてくださったのです。企業の特徴に応じた履歴書の書き方も教えてくださって感謝しています。この仕事は、お客様の “ 希望を超える” 商品を提案できるのが醍醐味。喜ばれることがうれしいですね。