在校生メッセージ

栄養学部 フードデザイン学科 3回生 雪田 真帆さん

アットホームで、実践的な学びが豊富。
経験を積んで、開発力をつけたい。

拡声器

栄養学部 フードデザイン学科 3回生
雪田 真帆 さん
神戸常盤女子高等学校出身

message

3回生の今は、食品加工学の授業でみそやパンなどの加工食品を作ったり、臨地実習において実際に学外の施設で給食の運営を体験したりと、実践的な学びを深めています。甲子園大学では、こうした実習で数多くの経験を積むことができて、うれしいですね。先生がとても親身に指導してくださり、アットホームなのも気に入っています。食品開発がしたいという夢をかなえるため、これからも勉強に励みたいと思います。

SPECIAL MOVIE

動画で知る食創造学科

学びのポイント

point01
食品企画・開発力を養成
“食”を知る

“食”への興味や関心を高め、早期から業界情報の収集、企業セミナーを通じて業界・企業の理解を深め、学んだ知識が社会でどのようにつながっていくのかを体験します。

point02
国の推進する「食の6次産業化プロデューサー」の育成
“食”を学ぶ

食料生産から商品の企画・販売等の6つの専門展開科目群から将来の自分に役立つ科目を自由に選択して学び、自分自身が興味のある食品テーマについての食品開発等に関する基礎情報を収集し理解を深めます。

point03
食に関する多様な研究テーマへのチャレンジ(挑戦)
“食”を創る

学んだ知識や技術を活用し、自分自身が興味のある食品テーマについて、具体的な食品開発に取り組みます。学内コンペや企業や生産者と共同・連携したプロモーション戦略やマーケティングなど、実践力を養成します。

学びの領域

「食と地域の実践演習」では
宝塚ダリア園に
協力いただきながら、
食の6次産業化に
取り組みます。

1次産業化
宝塚市の第2の市花である
「ダリア」を無農薬で栽培し、
球根を収穫します。

2次産業化
球根から有用成分を抽出し、
機能性粉末を作ります。

3次産業化
この機能性粉末を使用した
食品開発を行い、
商品化に向け検討します。

食の6次産業化 プロデューサー養成

グローバル化の進展に伴い、農林水産業の強化・育成が今後の大きな課題と言われています。 6次産業化は、1次産業の農林水産業、2次産業の製造加工業、3次産業の小売サービス業を一体化し、地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す取り組みです。雇用や所得の確保、地域の再生や活性化をもたらすものと大いに期待されています。
6次産業化で、まず思いつくのが「食品加工」。自分で生産した農作物を加工し、オリジナルの商品を開発します。例えば、サツマイモ農家なら、干し芋やサツマイモケーキなどが考えられます。さらに、自分で作った農作物やそれを加工した商品を「直接販売」することも可能です。その他、カフェや農家レストランなどの「飲食店経営」を行ったり、一般向けに「イベント開催」などで、自分たちの農作物をアピールしたりします。さらには、「農家民宿」「農業体験」などで農業に親しんでもらうのもよいかもしれません。いずれにしても、直接消費者に接することができるのが魅力で、商品の魅力やこだわりを直接伝えることができます。

独自の「超自由設計カリキュラム」

ジブンが食べたいものはジブンで選ぶ

見つけた夢に向けて学びを進められる、食創造学科独自の「超自由設計カリキュラム」。ほぼ全ての科目が選択科目で、自由にイメージしながら、自分オリジナルのカリキュラムを設計することが可能です。全領域からまんべんなく幅広い知識を得るもよし、あえて偏りを持ち早くから専門性を究めるもよし。学生の自主性を重んじた自由で柔軟な学びが「ジブンが食べたいものはジブンで選ぶ」というシンプルな願いを叶えます!

超自由設計カリキュラム
なりたいジブンに必要な科目を自由に選択し、多彩な進路を目指せます!
レストラン経営

レストラン経営

料理研究家

料理研究家

食品開発

食品開発

カフェ経営

カフェ経営

市町村の食推進担当者

市町村の
食推進担当者

カリキュラム

1年次
2年次
3年次
4年次

将来“食”を仕事とするために必要な幅広い知識を身につけるための「食の基礎科目」と「専門導入科目」を学びます。また、食関連企業や農業関係者と交流する機会を数多く経験し、少人数のチームでの協働作業を通じて仲間づくりやコミュニケーション能力を身につけます。

       
   

ジブンの将来の夢に向けて、6つの「専門展開科目」から、興味のある科目を自由に選択して専門知識を学びます。また「プロジェクト実践」科目では、「スイーツ」「ラーメン」などの食品テーマを選び、商品開発に必要な基礎情報を収集し、実際に食品の試作に取り組みます。

   
       

「プロジェクト実践」科目での学修をさらに深め、ジブンが商品開発に取り組んだ食品の企画・立案から、プレゼンテーション・学内コンペなど情報発信まで行うプロセスを経験し、実際に社会に出たときに使える実践的スキルを身につけます。

   
“食”を知るための導入教育
興味のある“食”の学習
興味のある“食”の実践・演習
ジブンの“食”を仕事にする

教員メッセージ

特任教授 木本
                                        実 食品産業論、食の6次産業化 担当

message

食のプロフェッショナルとして飛躍できるよう、
一人ひとりを大切に、将来設計を支援します。

日本の食産業はその発展経緯から考え、昨今深刻化する世界の食問題に大いに貢献できるものと実感しています。本学科では、この大きな可能性のある食産業において活躍する食のプロフェッショナルの育成を目指しています。大学4年間は自主独立性を養い、将来設計を行う期間。私たち教員は、学生が専門知識・技能を習得する過程で将来設計を描くのを、その想いや個性を大切にサポートしています。

特任教授 木本 実 食品産業論、食の6次産業化 担当

食の産学官連携プロジェクト