在校生メッセージ

心理学部 現代応用心理学科 2回生 清家 空良さん

専門知識に加え、将来役立つ教養も。
しっかり身につけて、人のために尽くしたい。

拡声器

心理学部 現代応用心理学科 2回生
清家 空良 さん
徳島県立徳島中央高等学校出身

message

現在、心理学の基礎知識や心理的アセスメントの方法などについて勉強しています。学生生活全般に役立っているのは、レポートの書き方やメールの送り方を学べる日本語表現の授業。実社会でも基本になると思うので、今、身につけられるのは心強く感じています。将来の夢は、公認心理師。メンタルの不調は自分を含め、誰にでも起こりうるので、そうした悩みを抱える人の力になりたいと思っています。

SPECIAL MOVIE

動画で知る現代応用心理学科

学びのポイント

point01
幅広い心理学の学びを網羅
幅広い
心理学の学びを網羅

心理学は非常に幅の広い学問で、〇〇心理学という名称だけでもかなりの数があります。本学では現実の生活への応用を意識した5つの領域を設け、それに関する科目を数多く揃えました。もちろん公認心理師等の資格に関する科目も充実しており、広範囲の心理学を学べるカリキュラムになっています。

point02
実社会が求める、データに基づいてものごとを考える力を養成
実社会が求める、データに
基づいてものごとを考える力を養成

人の行動について、実験・調査・観察・面接の4つ の手法でデータを収集し、根拠を示しながら議論・検討する訓練を行います。事実(ファクト)は何かと問い、事実に基づいて考える力、その結果をわかりやすく示すプレゼンテーション力は、実社会でどのような仕事にも求められる要素です。

point03
公認心理師や臨床心理士に繋がる、対人支援のための知識と技術を取得
公認心理師や臨床心理士に繋がる、
対人支援のための知識と技術を取得

カウンセリングや心理アセスメント、表現療法など、対人支援についての基本的な知識と技術を学びます。公認心理師や臨床心理士の資格取得に向けた前段階にもなります。自分の心と身体で「感じ取る」訓練の初歩を体験します。

学びの領域

広範囲の心理学を
幅広く学べる「領域制」

従来のコース制を廃止し、
2017年度より新たに「領域制」を採択。
2年次以降、5領域の科目群から
関心のあるテーマ自由に選べます。

study01 基礎心理学

基礎心理学

認知心理学(記憶など脳と心の働き)、発達心理学(加齢による心の変化)、社会心理学(社会での人の行動や考え方)など、人のこころの基礎となる部分を探求します。

関連する職業

  • 企画営業
  • 人事(一般企業等)
study02 臨床心理学

臨床心理学

ストレス社会といわれる今日において、特に重要視されている分野です。心理テスト、カウンセリング技法や箱庭療法、精神疾患の知識など、実習を経験しながら学びを深めます。

関連する職業

  • スクールカウンセラー
  • 産業カウンセラー
  • 病院の心理職(学校、一般企業、病院等)
study03 健康・スポーツ心理学

健康・スポーツ心理学

ストレスが健康や疾病に及ぼす影響や、ストレスへの対処法、スポーツで高いパフォーマンスを達成するための心理面からのアプローチを探求します。

関連する職業

  • メンタルトレーナー
  • スポーツカウンセラー(スポーツ施設、フィットネスジム)
study04 犯罪心理学

犯罪心理学

犯罪が生じる個人的・社会的要因の究明やプロファイリングをはじめとして、犯罪予防から、罪を犯した人の社会復帰までをトータルに学びます。

関連する職業

  • 家庭裁判所調査官
  • 保護観察官
  • 法務教官(各種行政機関)
study05 ビジネス心理学

ビジネス心理学

消費者の購買行動に心理学の視点からアプローチします。市場調査などのデータ分析を通して、マーケティングを学び、消費動向の予測や新商品開発など、ビジネスの現場で役立つ知識を身につけます。

関連する職業

  • 広告プランナー
  • 市場調査
  • 新商品開発(一般企業等)
  • 広報
斜め線

取得可能な資格・免許

  • 公認心理師(大学院修了後受験資格)
  • 臨床心理士(大学院修了後受験資格)
  • 認定心理士
  • 健康心理士(受験資格)
  • 応用心理士(学会入会2年)
  • 社会調査士
  • 児童心理司任用資格
  • 児童福祉司任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童自立支援施設職員任用資格

カリキュラム

1年次
2年次
3年次
4年次

初年次教育、一般教養の授業とともに専門である心理学の基礎的な講義が始まります。また統計や実験など、心理学の研究方法の基礎にもはじめから取り組みます。

心理学の専門科目を数多く選択できるようになり、一気に選択の幅が広がります。実験法や調査法の中級的な内容の授業もあり、専門的な内容になっていきます。

それぞれの興味や関心に従って専門セミナーに分属されます。ビジネス心理の基幹講義や公認心理師に必須の実習系科目はここで履修します。

専門セミナーで4年間の集大成となる卒業研究に取り組みます。研究を企画し、調査や実験を行い、データを分析し、論文の形にまとめます。

データの収集から分析まで

人の行動(考えや感情を含む)

実 験

人の行動を対象に、条件を変化させて結果の違いを測定します。理科の実験をイメージしてください。

下矢印

調 査

複数の質問に答えることで、あることについての考えや意識、性格特性などを測定します。

下矢印
下矢印

観 察

会話の時のうなずきの回数を数えるなど、ポイントを絞ってある行動が出現した数を測定します。

面 接

聞き取り調査です。あらかじめ質問を考えますが、協力者の体験を発見的に聞こうとします。

下矢印

分 析

集めたデータを、パソコンのソフト等も活用し、統計的手法を用いて分析します。
その結果から、2つのグループのデータ間に違いがあるか、関連があるか、などについて検討します。

教員メッセージ

准教授 青柳
                                        寛之 心理学的支援法、心理的アセスメント2 担当

身近だから興味深い領域の多彩な学び。
社会のあらゆる分野で役立つ力を育みます。

本学科では、多彩なカリキュラムを通してバラエティに富む内容を学べます。心理学の魅力のひとつは、身近なテーマについて、数字で見える化して考えるところ。データを読む力、人の言動を客観的に見る力は、将来あらゆる領域で役立ちます。また、人との関わりを考察する学びは、対人支援関連の進路で活かせます。本学科の学びが皆さんの人生で貴重な体験となるよう、力を尽くしたいと思っています。

拡声器准教授 青柳 寛之 心理学的支援法、心理的アセスメント2 担当

RESEARCH THEME 研究テーマ & 公認心理士資格