甲子園大学の約束
「好き」を「幸せ」に変える学び

人間の原点に立ち返る時代

度重なる自然災害、世界各地の紛争、また未曾有の感染症の蔓延と、私たちが生きる社会の前途は不透明です。現代社会は、多様性の推進、SDGsとこれまでにない課題の解決に迫られています。私たち甲子園大学は、困難な社会課題に直面している今こそ、人間の原点に立ち返る発想を提案します。五感と思いやりをベースにした「好き」を「世界の幸せ」に変える大学へと大きく変貌してゆきます。

image 好きなこと
  • 子どもが好き
  • 人の役に立つことがしたい
  • 人と話をすることが楽しい
  • 新しいものは大好き
  • おいしいものを探すことが好き
  • 何でも挑戦してみたい
例えば
「好き」を「幸せ」に変える学びフロー

企業

  • 企業の高嗜好性研究会
  • 食のトップランナー
    アサヒ飲料株式会社、江崎グリコ株式会社、大塚製薬株式会社、築野食品工業株式会社、新田ゼラチン株式会社、ハウス食品株式会社、株式会社ヤクルト本社 ほか
  • 料亭
    日本料亭 柏谷(ミシュラン3つ星)
    三嶋亭(京都の老舗すき焼き専門店)

地域社会

  • 宝塚ダリア園
    佐曽利園芸組合
  • 食育フェア、健康フェア
  • 公開講座
  • 宝塚市立看護専門学校とのIPE

行政

  • 教育委員会、学校
  • 子育て支援、保育園
  • 医療・福祉
  • 宝塚市包括協定
    宝塚市包括協定
幸せ あなたの好きが人と社会を幸せにする
  • 子どもたちの成長を見守る栄養教諭
  • 仕事のパフォーマンスを支える管理栄養士
  • 現代人の心に寄り添うカウンセラー
  • ヒット商品を生み出すマーケッター
  • おいしいを商品にする食品メーカー
  • 食ビジネスで社会を活性化する起業家
image

「好き」を「幸せ」に変える学び~
人と社会の幸せの実現を目指して

人と社会の幸せの実現を目指して
甲子園大学  学長 佐久間  春夫

「好き」を「幸せ」に変える学び
甲子園大学  副学長 伏木  亨

人と社会の幸せの実現を目指して

学問とは、我々の生活をより便利に、豊かにしていくために存在します。大学とは学問を学び、深める場であり、どうすれば人類がより豊かに、幸福に生きていけるかを考えることに意義があります。

今、先の見通しが難しい、予測困難な時代です。社会がどうなるか分からないからこそ、個人が、やりがいや生きがいをしっかりと持って生きてほしい、そう思っています。
だからこそ、甲子園大学では、人間の原点に立ち返り、五感と思いやりをベースにした、「好き」を「幸せ」に変える学びを約束したいと考えています。

栄養学部では「食」を通じた幸せについて、心理学部では「心」と幸せについて考える心身両面での幸福について考えていく大学となる。具体的には、学生一人ひとりが本来持っている特性に着目し、それを伸ばすことを主眼としています。
例えば「食べることが好き」な生徒は「おいしいとはどういうことか?」や「食と社会はどう繋がっているのか?」など、「好き」を基点にし、学びの体系を学生自身が構築していけるよう計画しています。

甲子園大学は大きな改革を成し遂げ、まったく新しい大学へと生まれ変わります。ダイナミックな変化を通じて真に学生を中心とした教育を提供したいと考えています。
学生一人ひとりの「好き」を「幸せ」に変える。“For The Students“をモットーに、甲子園大学は、人と社会の幸せの実現を目指します。

For The Students
 甲子園大学 学長 佐久間 春夫

「好き」を「幸せ」に変える学び

甲子園大学の改革構想は、栄養学部フードデザイン学科の先端的な実践教育への脱皮の試みから始まりました。現代社会の複雑で多様な食の流通や情報のしくみにいち早く対応する学生を教育するためです。

この動きに続いて栄養学科、心理学部の変革が揃い大学を挙げての改革構想が出来上がりました。
各学部、学科では、基礎やその応用を学びながら、自分の将来計画を明確にしてゆきます。それを支援するために、目指す世界の情報や、スクールと名付けられた実践教育、特別招聘講義を介した広範な実務者とのふれあいにより、目指す社会をリアルに体験して頂きたいとの願いです。
栄養学科は管理栄養士の育成を支えてきたわが国一流の栄養学科です。高い国家試験合格率を維持するための精緻な支援機構をさらに充実させます。その上で、我が国の心と身体の真の幸福をリードする広い視野と先見性のある識者を招く特別講義を準備しています。
心理学部は、ひとのみならず、社会にも心があると捉えて社会の心にまで焦点を広げ、ビジネスの心理や食の選択の心理など、社会の動きとひとの心を結ぶ新しい領域をも開拓します。また、成長する人間が自分に自信を抱くこころの姿を追求し、不安定化する社会に生きる現代人の心のあり場所を探求します。
甲子園大学は大きく変化します。社会の硬直した価値観と慣習を捨て、変動する社会の向こうにある新しい社会の構築にむけたダイナミックな変革を遂げようとしています。この冒険に参加してください。

甲子園大学 副学長 伏木 亨

学長略歴

1975年東京教育大学体育学研究科修了
1987年カリフォルニア大学サンフランシスコ校精神医学研究所客員教授
1991年東邦大学医学博士
1992年ニューヨーク市立大学大学院交換教授
国士舘大学体育学部教授
1998年奈良女子大学文学部教授
2000年同上 附属中等教育学校長併任
2009年奈良女子大学理事・副学長就任
2011年立命館大学スポーツ健康科学部・同研究科教授
2020年甲子園大学学長
(財)日本体育協会表彰、(社)日本スポーツ心理学会名誉会員、(社)日本体育学会名誉会員、(社)日本バイオフィードバック学会名誉会員
博士課程修了生を多く輩出、論文・著書多数

副学長略歴

1975年京都大学農学部食品工学科卒業
1981年京都大学農学博士
1994年京都大学農学研究科教授
2009年京都大学次世代研究者育成センター(白眉センター)初代センター長
2015年京都大学名誉教授
2015年龍谷大学農学部食品栄養学科教授
2018年農水省日本食普及特別親善大使に任命
2021年甲子園大学副学長
NPO法人日本料理アカデミー理事、和食文化国民会議会長
安藤百福賞、日本農芸化学会賞、日本農学賞、飯島食品科学賞受賞、紫綬褒章受章
著書・学術論文多数