自分が考案したメニューが商品化され実際に店頭に並んだり、
メディアに紹介される―。
栄養学部はそんな学生たちの夢を応援します。

産学官連携プロジェクトとは、教育研究機関である大学が持っている研究成果、
技術やノウハウを民間企業や行政が活用し、実用化や産業化に結びつける取り組みのことです。
栄養学のパイオニアとして、甲子園大学はこれからも企業とのコラボレーションや
コンテストへの出品を積極的に進めていきます。

ハーブ香る海鮮丼

波の音を感じられる一品
ハーブ香る海鮮丼
collab01

アボカドが彩りと洋風感のポイント。
魚介と異なる軟らかさも食感のアクセントに。

recipe

白飯・鯛・サーモン・アボカド・レモン・いくら・カルパッチョソース

ハーブ香る海鮮丼 調理風景1
ハーブ香る海鮮丼 調理風景2

宝塚阪急主催
「丼&重フェス」人気コンテスト 第1位獲得

voice

香りや見た目、味わいの
ハーモニーを大切にしました。

ハーブのさわやかさ、盛りつけの華やかさ、味わいで海を感じてもらえる、女性好みの洋風の一品を考案。実習で余った食材を工夫して生かし、自分のセンスに自信も持てました。

栄養学部 フードデザイン学科 4回生

河合 翔馬 さん

河合 翔馬さん

腸内改善!食物繊維入り
ガトーショコラ

糖質を気にせず満喫できるスイーツ
腸内改善!食物繊維入り ガトーショコラ
collab01

甘いものが好きな人が思いっきり味わえるよう、砂糖の量を抑え、水溶性食物繊維イヌリンを使って健康的に。

recipe

チョコレート・薄力粉・無塩バター・グラニュー糖・卵・イヌリン

ガトーショコラ 調理風景1
ガトーショコラ 調理風景2

voice

甘さを抑えるための配合に苦戦、
何度も試作を重ねました

砂糖と水溶性食物繊維イヌリンの割合を変えて3つ試作した際、想定より甘く食べ比べるのが大変でしたが、友だちと試食し合って、意見交換できたのが励みになりました。

栄養学部 フードデザイン学科 3回生

堀井 和明 さん

堀井 和明さん

まぐろとサーモンの
カラフルな食べ比べセット

親子で楽しく味わって
まぐろとサーモンのカラフルな食べ比べセット
collab01

ママが小さな子どもと分けて食べられるよう、
ハーフサイズの巻き寿司2種類をセットに

recipe

まぐろの巻き寿司
・キハダマグロ・ ホタテ・厚焼き玉子・きゅうり・梅肉 ・海苔 ・酢飯
サーモンの巻き寿司
・サーモン・ホタテ・厚焼き玉子・きゅうり・梅肉・海苔・酢飯

まぐろとサーモンのカラフルな食べ比べセット 調理風景1
まぐろとサーモンのカラフルな食べ比べセット 調理風景2

voice

いろいろ悩んで試行錯誤し、
先生と相談しながら完成へ

特色は梅肉を使ったことですが、酢飯に混ぜるか具として使うか悩むなど、よく先生に相談。だんだんうまく巻けるようになり、先生からほめられたことが楽しい思い出です。

栄養学部 フードデザイン学科 3回生

日髙 亜美 さん

日髙 亜美さん

小麦アレルギーでも大丈夫!
トマトとリンゴとさつまいものケーキ

野菜のジャムでヘルシー
トマトとリンゴとさつまいものケーキ
collab01

小麦アレルギーの人に配慮して米粉を使い、
健康的に。
野菜嫌いでもおいしく味わえるユニークなトマトジャムも特徴。

recipe

トマトジャムスポンジケーキ
・トマト・グラニュー糖・米粉・卵 等
さつまいものムース
・ さつまいも・ 牛乳・生クリーム・バター・卵白 等
リンゴピュレ
・リンゴ・ゼラチン・はちみつ・レモン汁 等
飾り
・生クリーム・リンゴ・砂糖・ゼラチン 等

トマトとリンゴとさつまいものケーキ 調理風景1
トマトとリンゴとさつまいものケーキ 調理風景2

JAグループ主催
「第16回ザ・地産地消 家の光料理コンテスト」
佳作入選

voice

みんなと6種類の食材で試作、
選ぶ過程が楽しかった。

スポンジケーキと合う野菜は何か、部員で案を出し、キャベツや黒豆などで試して好評だったトマトに。それが楽しく、米粉を使うときめ細やかなケーキになるのも発見でした。

栄養学部 フードデザイン学科 3回生

古東 美咲さん 岡部 七海さん
小西 涼花さん 矢野 歩さん