学部・学科

栄養学部_フードデザイン学科

フードデザイン学科

未来を拓くキャリア。

栄養士をベースに、食品と栄養を科学し、健康を支える「食」を創るプロフェッショナルをめざしています。

栄養学部 フードデザイン学科とは

新時代の食を豊かにする
プロフェッショナルを養成します。

フードデザイン学とは、人びとの食生活を豊かに楽しくする、新時代の食品を企画・開発・製造することをめざす学問です。
本学科では、食品の開発から生産・流通・保存・加工・調理まで、幅広い知識や手法を身につけた、食をデザインするプロフェッショナルを養成しています。

新時代の食を豊かにするプロフェッショナルを養成

将来、活躍するために

  • point1
  • 食品開発等の知識を身につける
    生活習慣病の予防や、美しさ・若さを維持する商品の企画開発力を養います。また、企画・開発した商品の発表会や試作報告会を授業に取り入れることにより、プレゼンテーション能力も養います。
  • point2
  • 食を通じた地域貢献で経験値を高める
    地元・宝塚の農業従事者や食品関連企業と連携し、食を通じた地元の活性化に貢献します。
  • point3
  • 食育の実践力を育む
    フードデザイン学科では栄養士免許に加え、栄養教諭二級免許も取得できます。将来、これらの資格を活用して、子どもたちへの食育活動を行うための高いスキルを身につけます。