学部・学科

現代応用心理学科_学科の特色

学科の特色

人を援助する、人と渡り合う、人と協力する、そして自分を高める。人々が生きる場に心理学の視点をテーマ主体で活かす新・3領域。

「現代応用心理学科」という名称の学科は、日本で初めてです。「心理学」は人のこころの変化や様相の背後にある因果関係のメカニズムを実験・調査・観察・面接などの方法によって明らかにしようとする学問です。
「応用心理学」では、実験的・実証的心理学で得られた知見を、現実の生活におけるこころの課題解決に応用することの学びを目的にしています。
新しい「領域」制により、個々のテーマを主体とする学びをより重視しています。

学科の特色

発達・臨床心理学領域

  • 発達心理学では、胎児から高齢者までの生涯発達プロセスをたどりながら、それぞれの時期にみられる心理的な特徴を取り上げ、生物学的・社会的背景と関連させながら学びます。

    臨床心理学では、こころの悩みを抱える人々の困難を適切に把握し、効果的にサポートするための心理テスト、カウンセリング技法や箱庭療法、精神疾患についての知識などを、実習を経験しながら学びます。

    この領域に関連の深い資格
    公認心理師(受験資格:対応予定)
    臨床心理士(受験資格:指定大学院修了後)
    認定心理士
  • 発達・臨床心理学領域

社会・犯罪心理学領域

  • 社会心理学では、1対1、小集団、家族関係、地域や職場など様々な場面で、人が人に及ぼす力を目に見える形で把握し、人間関係をよりよくするための方策を探求します。

    犯罪心理学では、法律や社会規範を犯す人たちに着目し、犯罪が起こる個人的・社会的要因を明らかにし、犯罪の予防から、犯罪を犯した人の社会復帰までを学びます。

    この領域に関連の深い資格
    産業カウンセラー(受験資格)
    社会調査士
    認定心理士
  • 社会・犯罪心理学領域

健康・スポーツ心理学領域

  • 健康心理学では、現代社会で健康に生きていくために、ストレスが健康や疾病に及ぼす影響や、ストレスへの対処法を学びます。

    スポーツ心理学では、“あがり”やチームワークなどスポーツで生じる心理的事象を取り上げるともに、コーチングやメンタルトレーニングなど、高いパフォーマンスを達成するための、心理面からの実際的なアプローチを探求します。

    この領域に関連の深い資格
    健康心理士(受験資格)
    認定心理士
  • 健康・スポーツ心理学領域

VOICE在学生の声

心理学部
現代応用心理学科
3回生
沖縄県立
豊見城高校出身大住 優奈さん

大住 優奈さん
スポーツ選手の心をサポートしたい。
高校野球を見るのが好きで、3回生ではスポーツ心理、特にメンタルケア、メンタルトレーニングを中心に勉強したいと思っています。授業は日常生活で思い当たる内容が多く、実感を持って考えることができます。また、友達と遊んだり、バイトに打ち込むことも楽しみのひとつです。将来はカウンセラーやメンタルトレーナーなど、学んだことを活かせる仕事をしたいと考えています。

心理学部
現代応用心理学科
4回生
兵庫県立
西宮北高校出身岩井 武輝さん

岩井 武輝さん
いろいろな年代の人の心理に関心。
心理学には中学のころから関心がありました。大学の授業では、幼児から老人まで幅広い世代の心理に興味を持っています。卒業論文は青年期のストレスや友人関係をテーマに選ぶつもりです。大学生活は、先生も学生もいい人が多く、来てよかったと思います。進路については、インターンシップで県庁に行ったのがいい体験となりました。いろいろな業務に関わることができるのが魅力です。

VOICE教員メッセージ

教授
発達・臨床心理学領域
担当東 斉彰(あずま なりあき)

東 斉彰
こころの発達のプロセス、生きる上での問題のメカニズムを解き明かし、人々の健康と幸福に貢献する。
人は生まれてから成長し、大人になり老いていくまで、様々な発達の道筋をたどり、人生途上で様々な問題に直面します。人は生まれて間もなくから驚くべき心身の成長を遂げ、悩ましき学童期や青年期を通過して立派な大人となり、やがて老人となり人生を完成させていくのです。一方、人生の途上では様々な困難に直面し、大いに悩みつつ苦しい日々を送ることもあるでしょう。発達心理学や臨床心理学を深く学び、広く心理学の知識を習得することで、人の存在を多角的な視野で見つめ、人生のあり方や生きることの素晴らしさを理解し、人の役に立つような人間性を磨ければと思います。