学部・学科

心理学部_現代応用心理学科

現代応用心理学科

現代社会の「こころ」の問題に取り込み、
社会に貢献できる人材育成をめざす。

心理学部 現代応用心理学科とは

「こころ」の視点からの問題解決と、
より質の高い生活をめざして。

複雑で多様化する現代社会で生活する人たちの「こころ」もまた複雑で多様化しています。「現代応用心理学科」は心理学の基礎知識を現実の生活をしている人の「こころ」に応用することで、悩みや困難の解決をはかったり、生活の質をより高めようとする学科です。

「こころ」の視点からの問題解決と、より質の高い生活をめざして。

未来、活躍するために公認心理師資格に対応

心理学の視点は、社会のあらゆる領域で力を発揮します。

心理学が生かせる仕事といえば、まずはカウンセラーや児童・障がい者・高齢者などの社会福祉関連施設での対人援助職を思い浮かべることが多いでしょう。スポーツのメンタルトレーナーもここに入ります。
しかしそれだけではありません。心理学では「こころ」を、データを用いて客観的に見る訓練を積むので、企業での調査・データ分析などのマーケティング関連の仕事にも直結します。そして広く人とかかわる仕事として、教育や人事、営業やサービス業など、あらゆる分野で心理学は力を発揮します。もちろん家庭などでの日々の生活にも役立ちます。

学びの特徴

  • point1
  • 1回生から少人数のゼミ形式の学習がスタート
    初年次から、心理学の学びによるキャリア形成に向けた取り組みを始めます。
  • point2
  • 実証研究による科学的学びの重視
    調査・観察・面接・実験によりデータを収集し、分析する方法を学び、エクセル、SPSSなどの集計ソフトを使いこなせるように情報処理の授業も手厚く行います。※SPSS(IBM SPSS Statistics):IBM社の統計解析ソフト
  • point3
  • 専門インターシップの導入
    応用力を身につけるには、教室で学習していることが現実の生活の中で具体的にどのように起きているかを感じ取る能力が求められます。そのために、社会福祉施設、企業、団体、役所などでの現場実習を行います。
  • point4
  • 心理学の大学院が博士後期課程まですでに設置
    本学大学院は、臨床心理士養成のための第1種指定の大学院であり、博士前期課程の臨床心理学コース修了後、実務経験なしで「臨床心理士資格試験」を受験することが可能です。また、臨床や研究をさらに深めたい人は、博士後期課程(3年間)に進学することもできます。