学部・学科

栄養学科_カリキュラム

カリキュラム

時代のニーズに合った
栄養マネジメントのスペシャリストをめざす。

一人ひとりの健康づくりをサポートするための、実践的な栄養学を学びます。
「社会・環境と健康の関り」「食べ物と健康」「体と病気」「栄養の働き」「栄養状態の把握」「栄養情報提供の方法」などの知識をもとに、病院での栄養管理、地域の健康づくり、給食施設での食事計画・食育等に役に立つ知識とスキルを学びます。


聞くだけではなく、自ら考え、身につける講義。

管理栄養士は、医療系の分野の人たちとの対等なコミュニケーションが必要となってきます。講義においてもただ聞くだけではなく、積極的に参加し、学生同士で議論し、内容をしっかりと自分のものにするため工夫しています。

講義

聴く、見る、考える学びを基本に、グループ討議も多く採り入れ、全学生が"わかるまで学ぶ"をめざします。

聴く、見る、考える学びが基本の講義

企画力や実践力を身につける実習

給食経営管理論実習ではHACCP概念を取り入れ、徹底した衛生・安全管理のもとで、100食以上の食事づくりを実施します。給与栄養量に基づいた献立作成、調理作業の効率化の検討、コスト管理などを行い、給食利用者の栄養・食事管理を多方面からマネジメントする実践力を養います。

企画力や実践力を身につける実習

見て、触って、実体験での知識習得

グループで協力して、栄養に関する様々な実験を行います。実験手技も、基本からしっかり身につけることができます。

見て、触って、実体験での知識習得

協力して行う研究発表

管理栄養士は、栄養管理計画に基づく栄養サポートを行うとともに、栄養情報、食事関連情報の発信も必要です。実際に研究したことをまとめ、発表する力も身につけていきます。

協力して行う研究発表

導入教育

管理栄養士に必要な基礎を学ぶ

管理栄養士としての応用力を身につける

管理栄養士としての実践、学外実習による現場体験

  • その他の資格取得に関する科目:栄養学科では、その他の指定された科目を履修することにより、栄養教諭一種免許のほか、さまざまなスペシャリストをめざすことができます。
  • 専門セミナー・卒業研究:4年次には少人数教育の専門セミナー、4年間の学びの集大成である卒業研究も開講されます。