学部・学科

フードデザイン学科_学科の特色

学科の特色

農産品を知り、レシピ開発力を持ち、
食に関するビジネスを知る「栄養士」をめざします。

栄養士に向けての学習スタート

食品企業で活躍
食品に強い栄養士

「環境」「安全安心」「新商品開発」をテーマに、農業生産の知識を得、農産品からの食品開発ができる栄養士を育成します。

学校・給食施設で活躍
給食・学校に強い栄養士

「食育教育」「大量調理」「健康レシピ開発」等を職業とするときに実行力を発揮する栄養士を育成します。

地域で活躍
ビジネスに強い栄養士

「地域貢献」「流通販売」「新産業開発」をキーワードとした食の6次産業化を推進できる栄養士を育成します。

取得可能な資格

●栄養士(卒業で取得) ●食品衛生監視員・食品衛生管理者(任用資格) ●NR/ サプリメントアドバイザー(受験資格) ●フードスペシャリスト(受験資格) ●栄養教諭2種 ●食の6次産業化プロデューサー(レベル2、申請資格) ●食育専門士(本学認定資格) ●食品デザイナー(本学認定資格)

地元・宝塚を、「食」を通じて元気にする、
フードデザイン学科プロジェクト!

  • ステップ1
    新商品の企画・立案
    ステップ1

    地元宝塚の食材を使った新商品のプレゼンテーションを実施。特徴や工夫した点などをわかりやすく説明。

  • ステップ2
    新商品の製作
    ステップ2

    企画通りの商品を作れるか、その味はどうか・・・。試行錯誤を重ね、試作品を完成させます。

  • ステップ3
    全員で試食
    ステップ3

    試食後、良かった点、問題点、工夫した方がいい点など、感想、意見の交換を行い、次へつながる学習をします。

  • ステップ4
    外部の方を交えた評価
    ステップ4

    担当教員、宝塚商工会議所、ソーラーシェアリング協会や宝塚すみれ発電の方にも評価員に加わっていただき、今後の新商品開発に繋げます。