学部・学科

フードデザイン学科_学科の特色

学科の特色

おいしく、楽しく、健やかに。
「食」を豊かにするプロをめざします。

フードデザイン学科では、人びとの食を豊かにするプロフェッショナルを養成します。
「食」をデザインするために必要な食品開発関連科目だけでなく、「食品マーケット論」や「経営管理論」など実践的な力を養う科目も学ぶことができます。
4年制大学の栄養士養成施設であるという特徴を活かし、多彩で充実したカリキュラムを組んでいます。

社会で実践的な力を発揮する人材を養成します

社会で実践的な力を発揮する人材を養成
  • 1
    講義は、食品の機能性解明など幅広く
    開講しています。
    講義は、食品の機能性解明など幅広く開講
  • 2
    先生と身近にディスカッションできるゼミ。
    卒論指導も細やかです。
    先生と身近にディスカッションできるゼミ
  • 3
    企業と共同開発したランチパック
    『肉じゃが風』誕生!
    企業
    コラボ
    企業と共同開発したランチパック
  • 4
    農業と発電を両立させる「ソーラーシェアリング」を市民発電所と共同研究
    「ソーラーシェアリング」を市民発電所と共同研究

VOICE在学生の声

栄養学部
フードデザイン学科
3回生
兵庫県立
神戸高塚高校出身林 知輝さん

>林 知輝さん
安全・安心な食を多くの人に届けたい。
高校時代、当たり前のように食事をしていた時、食の安全・安心に関するニュースを多く見るようになり、心配と興味を持つようになり、栄養系の学校かと調べ始めました。男子も学べる甲子園大学に決定。将来は、「食品の品質管理」などの仕事に就けたらいいなと考えています。そのために現在は、多くの実習や実験を通し、安心・安全な食を届けられるよう頑張っています。

栄養学部
フードデザイン学科
4回生
兵庫県立
西宮今津高校出身小山 恵里奈さん

小山 恵里奈さん
食を通して、人の健康にかかわっていきたい。
高校時代に人の体や病気と食事・栄養の大切さを知り、栄養系学部に興味を持ち進学を決めました。
フードデザイン学科では、食品開発についてトータルに学べます。食品加工学や食品官能評価実験など興味のある授業が多く、将来は栄養士に加え、NR・サプリメントアドバイザーの資格も取得し、ドラックストアーや調剤薬局関係の就職をめざして頑張っています。

VOICE教員メッセージ

教授
食品衛生学・
食の安全論担当鎌田 洋一(かまた よういち)

鎌田 洋一
心も体も健やかにする「おいしくて、健康を増強させ、そして安全な食」を創造する「食のプロ」を育てます。
フードデザイン学科は新時代の食を担う学生を育みます。栄養士免許の取得に加え、食品の生産、加工、流通、保存、衛生管理までの、食に関する幅広い知識や手法を身に付けていただきます。私は食品安全が専門で、どんなに栄養価が高く、バランスがとれ、健康を増進できるとしても、食品中に毒物や細菌が含まれていれば、食は「毒」になることを常々学生に講義し、「食の危機管理」の観点を学生に伝えていければと思っています。本学科は少人数教育で、学生と教員が密着し、学生には食品開発等の知識、食育に関する実践力、地域の食産業や食の安全安心を守る食づくりを学び、獲得していただき、食のプロを育てます。