大学院

大学院_心理学研究科

心理学研究科

本研究科では現代社会に生きる人びとの
「こころ」の問題を研究しています。

臨床心理士養成のための「臨床心理学コース」と、心理学をさらに深める「心理学コース」があります。学部卒はもちろんのこと、看護職・教育職・医療職、福祉職などを経験された方、地域で活躍中の方など、多様な人たちが学んでいます。「臨床心理学コース」は、臨床心理士養成のための第1種指定大学院として認定されており、修了後は実務経験なしで受験できます。研究科長:安村直巳教授

博士前期課程(修士)

  • 臨床心理学コース ※臨床心理学コースは、臨床心理士資格第1種指定校として認定されています。
  • 心理学コース

博士後期課程

  • 心理学コース

臨床心理学コースの特徴

  • Feature1
  • 臨床心理士養成第1種指定校として認定されています
    臨床心理学コースは、臨床心理士資格認定協会により臨床心理士養成の第1種指定校として認定されていますので、修了後、実務経験なしですぐに資格試験を受験できます。
  • Feature2
  • マンツーマンの少人数教育
    少人数の院生を受け入れ、学内の専任教員がマンツーマンに近い体制で指導しています。臨床心理士資格を持つ専任教員4人に対し、定員8人の院生を受け入れています。専任教員のほかに、実習指導の臨床心理士や精神科医、心理の専門教員が指導に当たっています。
    また、スーパーヴィジョンについては、学外のスーパーヴァイザーを紹介し、個別指導を受けられる体制をつくっています。
  • Feature3
  • 充実したカリキュラム
    第1種指定校として認定されたカリキュラムであり、必修科目が全て開講されていることはもちろんですが、選択の各群に複数科目が開講されており、幅広い知識を身につけることができます。
  • Feature4
  • 学内学外での実習
    学内の発達・臨床心理センターには、カウンセリングルームとプレイルームが複数あり、院生は複数のケースが担当できます。学外では、精神科病院での陪席・心理テストの実施と報告書の作成・アートセラピーや音楽療法への参加、教育・福祉関係施設での心理療法の実習を行っています。理論的なオリエンテーションとしては、精神力動的アプローチ、パーソンセンタードアプローチ、認知行動療法など複数の視点を意識して指導しています。
  • Feature5
  • カリキュラム以外の研修
    臨床集中研修会、心理臨床セミナー、他大学院との交流研修会等、多くの研修の機会があり、教員も一緒に参加して指導しています。

VOICE在学生の声

心理学研究科 
博士前期課程
(大阪経済大学出身)盛岡 祐希さん

盛岡 祐希さん
描画からこころの深みを読み取ることに魅力。
心理テストを通して目の前の人を理解したい。
人間関係に悩んだ時期があり、人がどう考えてある行動をするかに関心がありました。また、困っている人の役に立ちたいという思いもあり、臨床心理学を深く勉強することにしました。今は特に描画に関心を持っています。質問に答えていくのとは違い、自然な形で深層心理が表現されるからです。その読み取りの作業は面白く、文献を参照しながら特徴を捉える作業に没頭しています。臨床心理士を目指した大学院生活は、とにかく盛りだくさんで時間との戦いです。悩んだり、失敗したりと苦労はありますが、成長している実感があるので充実しています。将来は精神科の病院で、描画やロールシャッハテストを実施するテスターとして働きたいと考えています。
研究テーマ<論文題目一例>
  • 「S-HTPを通してみる韓国人留学生の心的特徴」
  • 「青年期女子における母娘関係からみた自我同一性と自己効力感の関連」
  • 「概念メタファー理論を用いた社会的プライミング研究」
  • 「自己呈示スタイルに対する信頼感および内的作業モデルの影響について」
  • 「大学生の就職活動経験がレジリエンスと失敗観と自己意識に及ぼす影響について」
  • 「漫画「ドラえもん」における愛着関係と創造性について」
研究室訪問
心理学研究科および心理学部の先生方の研究室は、大学院生が研究に励み、そこに学部生が交わることもよくあります。先生方が開放的にオープンに学生を受け入れてくれ、学生がいつでも質問や相談、ときには親睦に訪れることができる温かな雰囲気にあふれています。少人数制ゆえに、先生が学部生・大学院生の顔もみんな知ってくれていて、挨拶も会話もなごやか。ほぼ全員の成績アップという結果が出るのも、こういった学びやコミュニケーションの場があるからかもしれません。
研究室訪問

年間行事

きらきら子育て講座

宝塚市子ども家庭支援センターと共催で、1歳の子どもを育てている親を対象に、子育て・発達についてのミニ講義と親グループでのフリートークを行っています。

無料特別相談

毎年7月と3月に、完全予約制で無料特別相談を行っています。通常の有料相談とはまた違った、地域の相談ニーズに応えています。

臨床集中研修会

1泊2日の事例検討合宿です。在学生と卒業生が参加します。普段よりも長い時間をかけて、じっくりと検討します。また、卒後教育の一環となっていますし、在学生と現場で活躍する卒業生の交流の機会でもあります。

心理臨床セミナー

近隣の専門家向けの研修セミナーを毎年企画しています。毎回ゲスト講師を招き、専門的な講義や事例検討を行っています。

大学合同事例検討合宿

甲子園大学・徳島文理大学・鳴門教育大学の3大学による合同事例検討合宿を行っています。他大学の院生と交流する貴重な機会となっています。

修了後の進路

専門機関への就職

大学院修了後は、医療、教育、福祉等の分野で専門を活かす職に就いています。これまでに、大阪大学附属病院精神科、国立病院機構やまと精神医療センター、医療法人河崎会水間病院臨床心理学研究所、浅香山病院、播磨社会復帰センター、奈良県精神保健福祉センター、宝塚市教育センター、大阪府立大学学生相談室などに就職したり、大阪府、大阪市、兵庫県、神戸市、京都府、和歌山県、奈良県、三重県、長崎県のスクールカウンセラーとして活躍しています。

博士後期課程への進学

博士後期課程が設置されており、研究活動だけでなく、さらなる臨床経験をつんでいくことも可能です。修了生は、大阪大谷大学、関西福祉科学大学、奈良教育大学等の教員として臨床指導を行い、研究を続ける者や、教育センター、大学学生相談室や、各地のスクールカウンセラーとして臨床活動を行っています。

紀要を発行しています

毎年1回、「甲子園大学発達・臨床心理センター紀要」を発行しています。大学院生は自分の研究、事例などを投稿することができます。