大学案内

大学案内_理事長・学院長&学長メッセージ

理事長・学院長&学長メッセージ

「食」と「こころ」を極め、社会に活力を与える人間の育成を!

甲子園大学は、栄養改善をはじめとする健康増進及び食の諸問題に寄与することを目的として1967(昭和42)年4月に栄養学部を開学し、管理栄養士養成課程を設けました。その後、2011(平成23)年にこころと行動を科学的に研究する心理学部を開設し、現在は2学部3学科及び大学院に2研究科を擁する大学として社会のニーズに応えています。

本学は学校法人甲子園学院の校訓三綱領「黽勉努力」「和衷協同」「至誠一貫」を建学の精神として人間形成を行い、専門的な知識と技能を学ぶ最高学府を目指して発展してきました。現在の超高齢化社会と高度情報化社会、そして変貌の激しい社会環境の中にあって学生の皆さんの生涯の目標とその達成のためには、多くの課題を解決しなければなりませんが、本学では人間教育の原点に立ち、至誠のこころと専門的実践力を身に付け、積極的で協働志向の高い人間の育成に向け努力を傾注しています。本学から地域社会に、そして世界に向け有為な人材が数多く巣立たれることを願っています。

甲子園学院理事長・学院長久米 知子


人の命を大切にする人になる

甲子園大学学長 中村 秀雄

どんどんと世の中が複雑になる現代、時に何を頼りにして行動すればよいのか、迷うことがあります。遠からず人工知能(AI)が多くのことを、人間に代わってしてくれる時代になるでしょう。とはいえ人間が決めなければならないことが、一つもなくなるとは思えません。

そんなときに何を基準に考えればよいのでしょうか。私は「大切にすべきは人の命である」という信念さえあれば、確信をもって正しい決断ができる、と考えています。

甲子園大学の栄養学部で栄養、食育について学ぶということは、人の健康を守る道を学ぶことです。心理学部でこころの探究をするのは、皆が健やかな精神を持って毎日を過ごせるようにするためです。

そう考えると甲子園大学で学ぶということは、人々の「身体」や「心」の健康の維持、増進に貢献できる人になることだと言えます。言い換えれば勉学を通じて、「人の命を大切にする」という信念を身につけるのです。

そうです、甲子園大学は「人の命を大切にする」人材を育てることを、その使命としています。

甲子園大学学長中村 秀雄